aoma blog

エンジニアの日常とか技術とか

OKRの本を呼んだよ!

おはこんばんちはaomaです。

シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法 読みましたー!

ハンナとジャックおもしろかった!

OKR身につけたぜー!!

  • OKRが間違っていることに気付いても途中で変えてはならない
    • 途中で変えると真面目に取り組まなくていいという印象をチームに与えてしまう
    • くよくよせずにそのまま進み、成功や失敗を次の設定に活かす
  • プロダクトチームのOKRが上にある
    • まず部門ごとにOKRを作ってしまうと板挟みになってカオスになりがち
    • 初めは会社のOKRのみにしたり特定のチームだけでやってみるなど、小さく始めて浸透させていくとよい
  • OももちろんだがKRもポジティブなものにする。(失注を20%未満にするといったネガティブな数値目標はNG。80%以上継続するといった感じ)

読みやすかったのでオススメです!ぜひー。

LICEcapがmacのcatalinaで動かないときの対処法

catalinaのmacにLICEcap入れたら全く動きませんでした。 saveボタンを押しても一向に動いてる気配がない感じ。。

ということでググった解決法をメモ。

  1. パーミッションを許可する

https://user-images.githubusercontent.com/1505339/67440500-545ce700-f5ae-11e9-869e-94805dc38041.png

上記キャプチャのようにパーミッションを有効にしてあげる必要があるのですが、全然項目にLICEcapが出てきません。

を参考に下記コマンドを実行しました。

sudo xattr -rd com.apple.quarantine /Applications/LICEcap.app
  1. 保存時に.gifを指定する

一番の原因はこれだったような気がします。 保存するファイル名に拡張子を指定してあげないと動かないらしく、.gifをつけたら動きました。

f:id:aoma23:20200309193339p:plain

動いて良かったー!

デブサミ2020に行ってきた!

行ってきました!デブサミ2020の1日目! 寝坊しちゃって午後から参戦。ランチセッション逃したー。涙

event.shoeisha.jp

参加したセッションの一言メモ

13-D-5 ともにつくる「DX」〜事業会社、スタートアップ、グローバル、そして・・・「あなた」〜

株式会社Insight Edgeは住友商事グループのDXを推進するエンジニア集団だってことはわかったが「DX」はなんなのかよくわからなかったぜ!

13-A-6 GitHubMicrosoftが機能リリースする舞台裏

カナリアリリース大事。なんでもチャットbotがやっちゃう。リリーストレイン?それリリースブランチのことちゃうかー?

13-B-7 コンテナをシンプルに使おう 〜 Cloud Run のすゝめ 2020 冬

Cloud Run使ってみよー!そのためにもまずはコンテナの学習が必要だ。がんばれ俺!いや俺にはApp Engineで十分な気もする。独自コンテナなんて俺には必要ないし!

13-E-8 チームをつくるモブプログラミング ~内側と外側から語る~

モブプロはいいぞ!

今回のデブサミで一番驚いたこと

雅叙園のトイレ縮小してる!!

f:id:aoma23:20200213225605j:plain

小便器が橋の手前に!!

比較:人生一度は行きたい!目黒雅叙園のトイレ。 - aoma blog

明日も楽しみましょー!

CUNEの地獄袋 開封の儀

地獄袋、運良く抽選に当たりましてGETしました!

CUNE 地獄袋 2020のチケット情報・予約・購入・販売|ライヴポケット

サイズはざっくり「小さめ」と「大きめ」の2種類とのことで、「大きめ」を選びました!

これより開封の儀をとり行う

いきます!

  • デニム
  • ジップパーカー×2
  • パーカー
  • ヘアバンド×4
  • ペンケース
  • ハギレ×2
  • 入場チケットバンド
  • 初音ミクコラボタグ多数
  • ポストカード多数
  • 20と描かれたペロペロキャンディ
  • ボールペン1本
  • 結束バンド1本

かなり嬉しい結果でしたー!
CUNE好きだな。

追記

ちなみにパーカーにはワレメとヤブレがありました。

GitHubPages&Jekyllで日本語フォントを変更したい

半分グチです。

GitHubPagesはJekyllと連携してます。

GitHubPagesの設定画面でJekyllのテーマを選んでサクッといけてる感じのサイトを作れます。

で、選んだテーマの日本語フォントがいけてない(というか海外製だから何もしてない)ので、変更したかったんですよ。

当然ググりますよね。結果よくわからん!ってなりましたという話。

ググったよ

まずGitHubPagesのヘルプにたどり着きました。 _config.yml でたいていの設定は上書きできるぜと。おお素晴らしいと。 詳しくはJekyll本家のサイト確認しろと。

でJekyllにいきますよね。 当然お目当てのピンポイントなページには到達せつ、その中で探すことになります。 するとまずRubyで環境構築せいと。 いやいや、GitHubPagesと連携してるんで、環境構築とかしたくないからこれ採用しようとしてるんだと。 で読み込みますよね。

結果よくわからんと。 最終的に上書きするなら選んだテーマのREADME見ろって書いてあるわけですよ。

いやいやちょっと待てよと。 そもそも気分によって半年に1回とかサクッと見た目を変えたいから「テーマ」を選んでるわけですよ。 その度にいろいろ設定上書きを調べろというのかい? テーマを気軽に変更したいからこういうサービスを選んでるんですよ?と。

かれこれ1、2時間調べましたよね。でもう諦めました。

結論

GitHubPagesとJekyllに丸投げしてるのがよくない。 Jekyllもしっかり連携しろと。 お互いが協力してわかりやすいヘルプページ作ってください。いやマジでお願いします。 Rubyで環境構築とか抜きにした、GitHubPagesで選べるテーマだけに特化したヘルプページを。

【エン痔ニアの職業病】おしり障害報告書

先日、おしりが気になるので病院に行ってきました。
はたして痔なのか気になりまして。。
きっとエンジニアで同じ悩みを抱えてる人は多いと思うんですよね。座りっぱなしの職業ですから。でも、

  • 恥ずかしくて病院に行きづらい
  • 黄門様を誰かに見られるなんてイヤ!
  • 炎上プロジェクト中で行きたくても時間がない(お尻も炎上してるのに)

といった理由で一歩を踏み出せない人もいるのでは?
なので恥ずかしいけど参考になればと思い、書きます!

おしり障害報告書

現象

  • 便をした後キレイにしたにも関わらず、数分後に肛門が汚れている
  • 残便感がある(肛門付近に残ってる感)

原因

  • ウォシュレットのしすぎ
  • いぼ痔が大きくなっていた

詳細(病院でわかったこと)

  • そもそもお尻はすこし穴が空いている
  • 左右のいぼ痔で穴を塞いでいる(いぼ痔は誰にでもあるのが普通。大きくなると問題)
    • これでうんちがストップする
  • いぼ痔は水をストップするようには出来ていない
  • キレイにしようとしすぎて長時間ウォシュレットしていた

    • 肛門内に水が入り残る
    • 数分後に出てきて汚れる
  • いぼ痔が大きくなっていた

    • 違和感が残便感に感じた(便ではなかった)

対策

  • ウォシュレットをやめる
  • 拭きすぎない
  • 1〜2分でトイレから出る(座りすぎは痔に良くない)
  • いぼ痔を小さくする注射をした

さいごに

症状や原因は人それぞれです。
重い病気の可能性もありますので、勇気を出して早めに病院に行きましょう。

JavaScriptで一覧ページの画像URLを全て取得する

稀に、一覧ページとかに表示されてる画像URLを全て取得したいとき、あるよねー!

そんなときは Chromeデベロッパーツールを使いましょう。

JS pathを取得

Copy JS pathで取得

document.querySelector("#qurireco > article:nth-child(1) > a > div > div._7uaWVw_YSgf_GKoctUM12 > span > img")

こんな感じ。

f:id:aoma23:20191125160708p:plain

getAttributeで画像URLが取得できることを確認

Consoleタブに貼り付けて確認してみる。

console.log(document.querySelector("#qurireco > article:nth-child(1) > a > div > div._7uaWVw_YSgf_GKoctUM12 > span > img").getAttribute("src"));

JS pathの規則性を探す

document.querySelector("#qurireco > article:nth-child(1) > a > div > div._7uaWVw_YSgf_GKoctUM12 > span > img")
document.querySelector("#qurireco > article:nth-child(2) > a > div > div._7uaWVw_YSgf_GKoctUM12 > span > img")
document.querySelector("#qurireco > article:nth-child(3) > a > div > div._7uaWVw_YSgf_GKoctUM12 > span > img")

nth-childのカッコ内の数字が違う感じだなー。

ループさせる要素を見つける

上記でみつけた規則性から下記要素をループすれば良さそう。

document.querySelectorAll("#qurireco > article")

素数を確認

念の為件数を確認。

console.log(document.querySelectorAll("#qurireco > article").length);

ループして出力

var elements = document.querySelectorAll("#qurireco > article");
for (var element of elements) {
  console.log(element.querySelector("a > div > div._7uaWVw_YSgf_GKoctUM12 > span > img").getAttribute("src"));
}

クリップボードにコピーするのも良き

var elements = document.querySelectorAll("#qurireco > article");
var list = [];
for (var element of elements) {
  list.push(element.querySelector("a > div > div._7uaWVw_YSgf_GKoctUM12 > span > img").getAttribute("src"));
}
copy(list.join("\n"));

かんたんですね!