aoma blog

エンジニアの日常とか技術とか

最近外に恐怖を感じる。それでも僕は働いてる

ぼくはお金持ちになりたい。

最近、通勤に恐怖を感じる。

道を歩いてたらいきなり刺されるかもしれないし、車が突っ込んでくるかもしれない。
電車もそうだ。満員電車だったら逃げ場もないし、駅の階段で後ろから突き落とされるかもしれない。
会社にいたってそうだ。何かの恨みで建物に火をつけられるかもしれない。

それでもぼくは通勤してる。
なぜかって?お金が欲しいからだ。お金がないと家族を養っていけない。
逆に言えばお金があれば通勤なんてしないだろう。
大好きな子どもたちとずっと一緒にいたい。
だからぼくはお金持ちになりたい。

リモートワークなら少しはマシかもしれない。
ただ問題は通勤だけじゃない。
休みの日はやっぱりどこかに出かけたい。

当然通勤時と同じ危険は潜んでる。
車に乗ったら煽り運転をくらう可能性もあるし、遊園地にいったら爆弾が仕掛けられてるかもしれない。

とはいえずっと家にいるわけにもいかない。
最悪ぼくにだけ危険が及べばいいが、子どもたちは成長していずれ学校に通う。
当然通学路も危険だし、学校だってイジメやケンカいろいろある。

いっそ孤独だったら良かったかもしれないと思ったりもする。

子どもたちに先に死なれたらと思うと気が狂いそうだし、親より先に死ぬわけにもいかない。 もちろん愛する妻だって。

独身だったとしても悲しんでくれる友人たちはいる。死ねない。

死ねないから怖い。だからお金ください。

そんなこと思いながら帰りの電車に揺られてる15の夜〜